毎週日曜日よる9時5分〜10時放送 橋詰優子の『劇場に行こう!』橋詰優子の『劇場に行こう!』トップページへ

3月30日の放送内容!

4月2日更新

出演:橋詰優子  縛りやトーマス・山村啓介
ゲスト:上田剛彦(ABCアナウンサー)

映画

『少年たち』

ジャニー喜多川が企画・構成・総合演出、代々の若手メンバー出演の舞台「少年たち」を映画化。
ジャニーズJr.の人気グループ「SixTONES」「Snow Man」「なにわ男子」「関西ジャニーズJr.」メンバー中心に、「関ジャニ∞」の横山裕、「A.B.C-Z」の戸塚祥太ら事務所先輩メンバー達も出演。ジャニー喜多川製作総指揮下、「超高速!参勤交代」の本木克英監督がメガホンを取る。

心に深い傷を抱え、それぞれの事情から少年刑務所に収監された少年たち。争うことでしか自分を鎮めることができない彼らは、赤房、青房、黒房の各チームで徒党を組んでケンカを繰り返していた。そんなある日、新たに1人の少年が収監される。身寄りがなく誰にも心を開かなかった彼は、ここで初めて信じられる仲間に出会い、友情を育んでいく。しかし、冷酷な看守長が赴任してきたことをきっかけに事件が起こり……。
公開中

映画

『ブラック・クランズマン』

黒人刑事が白人至上主義団体「KKK(クー・クラックス・クラン)」潜入捜査した実話小説を、「マルコムX」のスパイク・リー監督が映画化。第71回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞。第91回アカデミー賞では作品、監督など6部門にノミネートされ、脚色賞を受賞。主人公ロンを名優デンゼル・ワシントンの実子ジョン・デヴィッド・ワシントンが演じる。

1979年、コロラド州コロラドスプリングスの警察署で、初の黒人刑事として採用されたロン・ストールワース。白人刑事に冷遇されつつ捜査に燃えるロンは、新聞掲載のKKKのメンバー募集広告に勢いで電話をかけ、黒人差別発言を繰り返し入団面接に漕ぎ着ける。が、黒人であるロンはKKKと対面できないため、同僚の白人刑事フリップに協力してもらうことに。電話はロン、対面はフリップが担当。2人で1人の人物を演じながらKKKの潜入捜査を進めるが…。
公開中

演劇

オパンポン創造社「さようなら」
4月11日(木)〜14日(日) HEP HALL 全7公演

2004年野村有志による1人演劇ユニットとして「オパンポン創造社」を旗揚げ。全作品の脚本・演出を手がけ、最近では他団体からもオファーの耐えない注目株。
泥臭い人間模様を描くことを得意とし、独自のテンポと間を駆使した台詞で魅せる作品が支持されている。
今作「さようなら」は舞台芸術のポータルサイト「CoRich(こりっち)」内の舞台芸術まつり2018年の春にグランプリを受賞した話題作の再演。

淡路島にある小さな工場で働く純粋な人々の物語。彼ら、彼女らが生み出す甘美な絵空事が全てを巻き込み錯綜する。
「2000万?あのおっさんがそんな持ってるはずないやろ」
「脱税して貯めてたみたいなんです」「・・・ほんで?」
「だから、盗られても警察に言えないんです」
細々と生きる平凡な人々の小さなコミュニティーに「変わりたい」と強く願った1人の女性が、激震を起こす。

作・演出・出演:野村有志(オパンポン創造社)
出演:一瀬尚代(baghdad cafe)川添公二(テノヒラサイズ)美香本響(meyou)
   伊藤駿九郎(KNG & HEAVY)殿村ゆたか(Melon All Stars)
日程:4月11日(木)19:30・12日(金)15:00・19:00
   13日(土)14:00・18:00・14日(日)13:00・17:00 会場:HEP HALL
料金:一般3500円・U-22 25:00・遠征割(大阪は関西以外・東京は関東以外)2500円
   *4月18日(木)〜21日(日)までは東京池袋シアターKASSAIでも公演あり!
詳しくは オパンポン もしくは HEPHALL で検索

ABCホール

ABCホール開館11周年記念イベント
「中之島春の文化祭2019」5月4日(土)&5日(日)
ゲスト:上田剛彦(ABCアナウンサー)文化祭MC!

2008年GW開館・2009年より毎年開催してきましたABCホール開館記念「中之島春の文化祭」が11年目に突入。
10年一区切りで終わらせるか・・・リニューアルするか・・・と散々事務所スタッフは悩みましたが、「出たい」「見にいきたい」という多数の声に支えられて11年目の開催を決定!
【素舞台でできる】【出捌け込み20分のパフォーマンス】【1回のみの出演】というシンプルな条件で今年も劇場スタッフがオファーをさせていただいた30団体がホールに集結!
1日15団体、全部で6時間強×2日間のお祭り。
新たに「前売り限定」で「指定席」を設定。様々なニーズに答えて少しずつリニューアルを加えているこのイベントが今年も盛り上がりますように!

5月4日(土曜・祝日)屋外ステージ 12:30開演 ホール内14:00開演
5月5日(日曜・祝日)屋外ステージ 11:30開演 ホール内13:00開演
屋外ステージは今年もダイナマイトしゃかりきサ〜カスさんが音楽を中心に盛り上げます!
詳しくは ABCホール で検索

ページのトップへ

3月23日の放送内容!

3月23日更新

出演:橋詰優子・尾形大悟・藤戸佑飛  縛りやトーマス・山村啓介

映画

『バンブルビー』

大ヒットSFアクション「トランスフォーマー」シリーズの人気キャラクター、バンブルビーを主役に、シリーズの始まりを明らかにする物語。シリーズ1作目の主人公サムとバンブルビーが出会う以前の1980年代を舞台に、バンブルビーと人間の少女チャーリーの交流と友情、彼らに待ち受ける予想外の運命を描く。

父親を亡くした悲しみから立ち直れずにいる少女チャーリーは、18歳の誕生日に小さな廃品置き場で廃車寸前の黄色い車を見つける。すると突然、その車が人型の生命体へと変形。驚くチャーリーを前に逃げ惑う生命体は、記憶と声を失って何かに怯えていた。チャーリーは生命体を「バンブルビー(黄色い蜂)」と名づけ、匿うことにするが……。

少女チャーリーを演じるのは女優・歌手として人気のヘイリー・スタインフェルド。
公開中

映画

『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』

2014年に剛力彩芽と山崎賢人の主演で映画化され、「壁ドン」ブームの火付け役ともなった渡辺あゆの人気漫画を上白石萌音、杉野遥亮、横浜流星の共演で再映画化。

高校3年生の西森葵は学校一のイケメン・久我山柊聖の家でボヤ騒ぎを起こしたことがきっかけとなり、柊聖が葵の家で一緒に暮らすことに。次第に惹かれあう2人は付き合うこととなり、幸せな同居生活を送っていたが、アメリカから突然、柊聖のいとこ・久我山玲苑がやってくる。2人は必死に同居の秘密を隠そうとするが、あっさりとバレてしまい、葵と柊聖、そして2人を引き離そうとする玲苑による3人の同居生活がスタートするが……。

葵役を上白石、柊聖役を杉野、玲苑役を横浜がそれぞれ演じる。14年版の監督を務めた川村泰祐がふたたびメガホンを取った。
公開中

演劇

劇団Patch「SPECTER」
3月29日(金)〜31日(日)森ノ宮ピロティホール

劇団PatchとしてPatch Stage Vol.6(2015年)に上演された末満健一作品「TRUMP」シリーズを、TRUMP 10th ANNIVERSARYの一環として再演!
TRUMPシリーズとは繭期(人間の思春期にあたる時期)のヴァンパイヤの世界を描く。

外の世界との関わりを絶つ森奥深くのネブラ村で、猟奇的な連続殺人事件が起こる。
それは繭期を迎えた吸血種の少年少女たちを収容する施設「クラン」から脱走した4人の吸血種の仕業であった。著しい情緒不安定に陥る繭期の少年たちは、ある目的のために凶行を重ねていた。一人の村人が掟を破り、事件解決のために部外者であるヴァンパイアハンターを村に招き入れる。だが調査が進むうち、村人たちが抱える秘密の蕾が緩やかに綻びを見せていく。やがて、吸血種たちの間で語り継がれる伝説上の吸血種「TRUMP」の不老不死譚と、「永遠に枯れない花」を作ろうとする植物学者の悲恋が事件とつながりを見せる時、その秘密は白日のもとに曝されていくこととなる・・・。

作演出:末満健一
出演:劇団Patch
日程:3月29日(金)18:30・30日(土)13:00・18:00・31日(日)17:00
会場:森ノ宮ピロティホール
チケット:7000円
詳しくは 劇団Patch で検索

ページのトップへ

3月16日の放送内容!

3月16日更新

出演:橋詰優子・吉本考志  縛りやトーマス・山村啓介

映画

『映画プリキュアミラクルユニバース』

人気アニメ「プリキュア」劇場版シリーズの通算26作目。今年2月から放送を開始した、プリキュア史上初の宇宙が舞台の作品として話題の「スター☆トゥインクルプリキュア」を筆頭に、前作「HUGっと!プリキュア」、前々作「キラキラ☆プリキュアアラモード」の3作品のプリキュアが共演。劇場版ではおなじみの応援アイテムで、プリキュアたちに不思議な力を届ける「ミラクルライト」の秘密をめぐり、プリキュアたちが宇宙を舞台に冒険を繰り広げる。

ある日、星を見ていたら宇宙にワープしてしまった星奈ひかる。そこで星たちの光が消え、世界が闇に包まれる危機が目前に迫ることを知った彼女は、宇宙の光を取り戻すため奮闘する!
公開中

映画

『スパイダーマン:スパイダーバース』

時空の歪みにより、異次元で活躍するスパイダーマンたちが集められた世界を舞台に、主人公の少年マイルスがスパイダーマンとして成長していく姿を描いた長編アニメーション映画。

ニューヨーク・ブルックリンの名門私立校に通う中学生のマイルス・モラレス。実は彼はスパイダーマンなのだが、まだその力をうまくコントロールできない。が、何者かによって時空が歪めらる事態が発生。それにより、全く異なる次元で活躍するさまざまなスパイダーマンたちがマイルスの世界に集まる。そこで長年スパイダーマンとして活躍するピーター・パーカーと出会ったマイルスは、ピーターの指導の下で一人前のスパイダーマンになるための特訓を開始する。

第91回アカデミー賞で長編アニメーション賞を受賞。
公開中

演劇

MONO「はなにら」
3月23日(土)〜27日(水) ロームシアター京都ノースホール

1989年に結成したMONOは今年で結成30周年。2004年から男性5人の劇団として15年ほど公演を行ってきたが、昨年新メンバーが4名加入。これにより男性6名女性3名の劇団となり、30周年目にして新たな「MONO」として今作を上演。

20年前の天変地異により、親や子供を失った人たち。他人であったはずの彼らは寄り添うように家族になった。たくさんのお父さん。顔もバラバラな娘たち。
拒絶、喧嘩、涙、そして笑顔を何百回も繰り返し、今、旅立ちの時はきたようだ。
はなにら・・・ネギ亜科ハナニラ属に属する多年草。花言葉は「悲しい別れ」。
一緒にいるとはどういうことか?別れとはなんなのか?

悲しさの中に笑いと清々しい希望を込めてお届けする、擬似家族の物語。

作・演出・出演:土田英生
出演:水沼健・奥村泰彦・尾形宣久・金替康博・石丸奈菜美・高橋明日香・立川茜・渡辺啓太
日程:3月23日(土)19:30・24日(日)13:00・18:00・25日(月)19:30
   26日(火)19:30・27日(水)14:00・19:30
料金:一般4000円・ペアチケット7200円・U-25 2000円
会場:ロームシアター京都ノースホール
詳しくは MONO で検索

ABCホール

劇団コケコッコー第三回公演「雨やどり」
3月22日(金)〜24日(日) 全5回公演

以前この番組にもゲストでお越しくださった吉本所属の漫才師:プリマ旦那の野村尚平さんが主宰する「劇団コケコッコー」の公演が3月22日(金)〜24日(日)までABCホールにて上演されます。今作のタイトルは「雨やどり」。

何をやっても出来の悪いダメな兄、正反対の出来の良い弟の兄弟を主軸に、同じアパートに住む人たちとの間で起こるドタバタを描いた人情喜劇。みんなが忙しく生きる中で少し歩みを止めて、人生の「雨やどり」をする物語。

作・演出・出演:野村尚平(プリマ旦那)
出演:洲崎貴郁(ラニーノーズ)・堀川絵美・佐々木ヤス子・辻凪子 他
日程:3月22日(金)19:00・23日(土)15:00・19:00・24日(日)14:00・18:00
料金:前売3500円 当日4000円
詳しくは ABCホール で検索

ページのトップへ

3月9日の放送内容!

3月9日更新

出演:橋詰優子・中山義紘  縛りやトーマス・山村啓介

映画

『運び屋』

巨匠クリント・イーストウッドが10年ぶりに監督と主演を兼ねる。87歳の老人が大量のコカインを運んでいたと伝える実際の報道記事に基づいた、孤独な老人の人生を描くドラマ。

家族をないがしろに仕事一筋で生きてきたアール・ストーンだったが、いまは金もなく、孤独な90歳の老人に。商売に失敗・自宅差押えで、途方に暮れるが、車の運転さえすればいいという仕事を持ちかけられ「依頼」を引き受けたが、仕事はメキシコ麻薬カルテルの運び屋だった・・・。

脚本は「グラン・トリノ」のニック・シェンク。イーストウッドの映画出演は「人生の特等席」以来6年ぶり。共演は、アールを追い込んでいく麻薬捜査官役で「アメリカン・スナイパー」のブラッドリー・クーパーのほか、ローレンス・フィッシュバーン、アンディ・ガルシアら実力派が集結。イーストウッドの実娘アリソン・イーストウッドも出演している。
公開中

映画

『グリーンブック』

人種差別まだ色濃い60年代の米南部を舞台に黒人ジャズピアニストとイタリア系白人運転手が2人旅で友情を深めた実話をもとに描き、第91回アカデミー作品賞を受賞したドラマ。

1962年、NYの高級クラブで用心棒として働くトニー・”リップ”・バレロンガ(ビゴ・モーテンセン)は、粗野で無教養だが口達者で何かと周囲から頼りにされる男。クラブが閉鎖になり無職になったトニーは、南部でコンサートツアーを計画する黒人ジャズピアニストのドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)の運転手の職を得る。あえて南部へツアーしようとするシャーリーと、黒人用旅行ガイド「グリーンブック」を頼りに同行するトニー。出自も性格も異なる2人は、衝突を繰り返すが・・・!

トニー・”リップ”・バレロンガ(本名トニー・バレロンガ)の実の息子ニック・バレロンガが製作・脚本を手がけ、「メリーに首ったけ」などコメディ映画を得意とするピーター・ファレリーがメガホンを取った。アカデミー賞全5部門でノミネートされ、作品賞・脚本賞・助演男優賞を受賞。
公開中

演劇

虚構の劇団「ピルグリム2019」
3月15日(金)〜17日(日)近鉄アート館

この「ピルグリム」という作品は、鴻上尚史氏が1989年に劇団「第三舞台」の作品として作演出を手がけ、2003年に新国立劇場にてシリーズ「現在へ、日本の劇」のオープニング公演として上演。第三舞台での初上演が平成元年、そこから約30年。平成最後の年にそして虚構の劇団として新たな「ピルグリム2019」を上演。

さて、問題。オアシスはどこでしょう?
ユートピアは存在しない。ユートピアは人類の不可能な夢。けれどオアシスは存在する。
ネットワークという砂漠のどこかに、ひっそりとオアシスは存在し、訪れる人を待っている。
オアシスはあなたと私を待っている。けれど、オアシスに家を建ててはいけない。
住もうとすればそこはユートピアと呼ばれ、存在しない場所になる。
さぁ。オアシスへの旅を始めよう。

作・演出:鴻上尚史
出演:秋元龍太朗・小沢道成・小野川晶・三上陽永 伊藤今人(梅棒/ゲキバカ) 他
日程:3月15日(金)19:00・16日(土)14:00・19:00・17日(日)13:00
   *17日13:00は前売り完売 当日券あり!
料金:一般4800円・学割チケット3000円
会場:近鉄アート館
詳しくは 虚構の劇団 で検索

ABCホール

十三クラブ第三回公演「やぁやぁはぁ」
3月29日(金)〜31日(日)
天神橋筋六丁目 音太小屋

劇団赤鬼所属:俳優の下村和寿が十数年前に演劇界の表方・裏方の友人たちと飲み会をじわじわと広げ、その場所が「十三駅」だったことから生まれた「十三クラブ」。所属しているのは全員他の劇団などで力を蓄えた手練れの役者・プロの技術者だらけ。全員、「十三ネーム」を持っている。「いつか公演しよう」と飲み会を続けるが結成13年目にして、突如ABCホール開館記念イベント「中之島春の文化祭2015」でデビュー。以後旗揚げ公演を行い、今回第三回公演。ある「趣味の集まり」だったはずの山小屋の小さなオフ会が、1人の少女の思惑で、とんでも無いことに巻き込まれる!!

作:十三バニ子(田坂理絵) 演出:十三ロマン(下村和寿)
出演:十三ロマン・十三どうでしょう(田米カツヒロ)・十三プチマダム(山口尋美)・十三フロンティア(石井テル子)
ゲスト:成瀬遥
日程:3月29日(金)15:00・19:30・30日(土)14:00・17:00・31日(日)14:00
料金:2500円 初回29日15:00のみ2000円
会場:天神橋筋六丁目駅 1番出口徒歩5分 音太小屋
詳しくは 十三クラブ で検索

ページのトップへ

3月2日の放送内容!

3月2日更新

出演:橋詰優子・吉本考志・尾形大悟  縛りやトーマス・山村啓介

映画

『眠る村』

「ヤクザと憲法」など数々の社会派作品を送り出してきた東海テレビ製作ドキュメンタリー劇場版の第11弾。戦後唯一、司法が無罪から逆転死刑判決を下した事件として知られる「名張毒ぶどう酒事件」の謎を追う!

三重と奈良にまたがる葛尾(かつらお)で昭和36年、村の懇親会のぶどう酒に混入した毒物で5人が中毒死、当時35歳の奥西勝が逮捕される。一審で無罪となったが二審で死刑判決、そして最高裁は上告棄却。昭和47年、奥西は確定死刑囚となり、独房から再審を求め続けたが平成27年10月、獄中で帰らぬ人となる―。

本作では、奥西の自白の信憑性や、二転三転の関係者の供述、再審を拒む司法など、57年を経たいまも残る多くの謎に迫る。獄中の奥西の半生を描く劇映画「約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯」で奥西を演じた経験のある名優・仲代達矢がナレーションを担当。
公開中

映画

『THE GUILTY ギルティ』

電話の声と音だけで誘拐事件を解決するというシンプルで予測不能な展開で注目され、第34回サンダンス映画祭観客賞の受賞などで話題を呼ぶデンマーク製の異色サスペンス。

過去のある事件をきっかけに警察官として一線を退いたアスガーは、いまは緊急通報指令室のオペレーターとして、交通事故の搬送を遠隔手配するなど、電話越しに小さな事件に応対する日々を送っている。そんなある日、アスガーは、今まさに誘拐されているという女性からの通報を受ける。車の発進音や女性の声、そして犯人の息づかいなど、電話から聞こえるかすかな音だけを頼りに、アスガーは事件に対処しなければならない…!

「この手があったか!」「カメ止めよりも推す」等各界の激賞、ハリウッドリメイクも決定。
公開中

演劇

T-works #2 「THE Negotiation」
3月8日(金)〜10日(日) HEP HALL 全5回公演

T-works(ティーワークス)とは、プロデューサー:松井靖人氏が、女優:丹下真寿美を全国に発信るすために結成されたユニット。石原正一ショー「筋肉少女17」にて爆発的な印象を残した丹下に松井がアプローチし、今まで数多く関西の小劇場や映画などで活躍していた丹下が、まだ組んだことのない人とコラボし、より多くの方に印象付けることを目的としている。

#1は後藤ひろひとが遊気舎時代に書き下ろした「源八橋西詰」を上演。そして#2となったのは今業界関係者も大注目: THE ROB CARLTONの村角太洋氏。
THE ROB CARLTONといえば今まで「女性の役も男性が演じる」形で「女優の出演」がないので今作は女優が出演する長編としては村角氏も初挑戦。
出演は三上市朗、山崎和佳奈、森下亮に丹下の4名を主軸とした「交渉に次ぐ交渉の駆け引きの会話劇」。

とある由緒ある高級ホテルの一室で、2組の社のトップ同士の密談が行われる。
経験と直感、冷静と情熱、渾身のパワードレッシングと戦略。深読みか?本音か?裏か?社運をかけて商談に挑む【限りなく喜劇に近い芝居】。

作・演出:村角太洋(THE ROB CARLTON)
出演:丹下真寿美・三上市朗・山崎和佳奈・森下亮(クロムモリブデン)
   ボブ・マーサム(THE ROB CARLTON)
日程:3月8日(金)19:00・9日(土)14:00・18:00・10日(日)13:00・17:00
会場:HEP HALL
料金:4500円
詳しくは HEP HALL で検索

ABCホール

劇団鹿殺し「山犬」 3月6日(水)〜10日(日) 全8回公演

丸尾丸一郎の怪作・監禁劇が鹿殺し×AKB48×コンドルズ という異色のタッグで蘇る!

どうしても思い出せない同窓生から手紙が届いたー。記憶を巡るサバイバルホラーの傑作舞台が蘇る。死ヌ気デ思イ出セ。

出演:岩立沙穂・太田奈緒・谷口めぐ(以上AKB48)・山本光二郎(コンドルズ)
   オレノグラフィティ(劇団鹿殺し)・丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)
詳しくは ABCホール で検索

ページのトップへ

おはがきのあて先は・・・ 〒530-8004 ABCラジオ 橋詰優子の『劇場に行こう!』係