毎週日曜日よる9時5分〜10時放送 橋詰優子の『劇場に行こう!』橋詰優子の『劇場に行こう!』トップページへ

12月15日の放送内容!

12月15日更新

出演:橋詰優子・吉本考志・藤戸佑飛  縛りやトーマス・山村啓介

映画

『パッドマン 5億人の女性を救った男』

現代のインドで、安全で安価な生理用品の普及に奔走した男の実話を映画化したヒューマンドラマ。

インドの小さな村で最愛の妻と新婚生活を送るラクシュミは、貧しくて生理用品が買えず不衛生な布を使用している妻のため、清潔で安価なナプキンを手作りすることに。生理用品の研究とリサーチに明け暮れるラクシュミは、村人たちから奇異な目を向けられ、数々の誤解や困難に直面する。そんな彼の熱意に賛同した女性パリーの協力もあり、ついに低コストで大量生産できる製造機の発明に成功。農村の女性たちに、ナプキンだけでなく、その製造機を使って働く機会も与えようと奮闘するラクシュミだったが……。

主演は「チャンドニー・チョーク・トゥ・チャイナ」のアクシャイ・クマール。共演に「ミルカ」のソーナム・カプール。
公開中

映画

『おとなの恋は、まわり道』 R15+

キアヌ・リーブスとウィノナ・ライダーが4度目の共演を果たし、それぞれ個性が強すぎるために仕事も恋も上手くいかない男女の恋の行方を描いたラブストーリー。

絶縁したはずの家族の結婚式に出席することになった偏屈男フランクと、結婚直前に自分を捨てた元婚約者の結婚式に出席する毒舌女リンジー。式場のあるリゾート地へ向かう空港で偶然出会い、口論を繰り返していた2人は、やがて互いが同じ結婚式に向かっていることを知る。現地でもホテルや食事のテーブルなど事あるごとに隣同士にされた2人はうんざりしながらも、口論や会話を重ねるうちに互いの共通点に気づきはじめ……。

監督・脚本は「5時から7時の恋人カンケイ」のヴィクター・レヴィン。
公開中

演劇

iaku「逢いにいくの、雨だけど」
12月21日(金)19:30・22日(土)14:00 八尾プリズム小ホール

iaku(いあく)とは、劇作家・演出家の横山拓也が、2012年に立ち上げた大阪発の演劇ユニット。緻密な会話が螺旋階段を上がるようにじっくりと層を重ね、いつの間にか登場人物たちの葛藤に立ち会っているような感覚に陥る対話中心の劇を発表している。

小学生のとき。幼なじみに負わせたケガのせいでうちの家もあっちの家も、ままならなくなってしまった。あの事故で何もかもが、歪んでしまった。あんなにひどいことになるなんて。あれから長い月日が経ち。あの子は、あの人はどうしているだろう。ときに振り返ってみたり、ときに立ち止まってみたり。それでも日常は進行する。「人生」という尺度を実感出来る歳になって、ようやくわかった。あの事故にまとわりつく罪や遺恨は、きっとどこまでいっても終わりはない。2018年iakuの新作は「許す」を考察する。

作・演出:横山拓也
出演:尾方宣久(MONO)・橋爪未萠里(劇団赤鬼)・近藤フク(ペンギンプルペイルパイルズ)・納葉・
   松本亮・異儀田夏葉(KAKUTA)・川村沙也・猪俣三四郎(ナイロン100℃)
日程:12月21日(金)19:30・22日(土)14:00
会場:八尾プリズム小ホール
チケット:前売2800円・当日3000円
詳しくは iaku(いあく) で検索

演劇

平成30年度 現代演劇レトロスペクティヴ 参加公演
baghdad cafe’ 「野獣降臨」(のけものきたりて) 12月22日(土)〜24日(月・祝)

現代演劇レトロスペクティヴ、とは伊丹市・伊丹アイホールが中心となって開催される、1960年代以降に発表された時代を画した現代演劇作品を、関西を中心に活躍する演劇人によって上演し、再検証する企画として2009年度から継続開催されている。
今年その企画の1つとしてbaghdad cafe’が挑むのは野田秀樹「野獣降臨」。
第27回岸田國士戯曲賞受賞作。1982年に「劇団 夢の遊民社」で初演。複数の物語が交錯する重層的なストーリー、巧みな言葉遊びをふんだんに取り入れたせりふ回し、肉体を駆使したダイナミックは舞台等で若者を中心に爆発的な人気を博した、野田秀樹の初期代表作の一つ。
この作品に、大阪を中心に「ノスタルジックエンターテインメント」を作風として掲げているbaghdad cafe’がどう挑むのか?!

作:野田秀樹
演出:泉寛介(baghdad cafe’)
出演:一瀬尚代・辻るりこ 杉原公輔(匿名劇壇)・アミジロウ(ステージタイガー)・松村里美・
   尾形柚香(かまとと小町)・山根千佳(TAKE IT EASY!)他
日程:12月22日(土)18:30・23日(日)13:00・17:00・24日(月・祝)11:00・15:00
料金:前売2800円・当日3300円 22歳以下1500円
会場:伊丹市アイホール
詳しくは 伊丹市アイホール で検索

ページのトップへ

12月8日の放送内容!

12月8日更新

出演:橋詰優子・中山義紘・尾形大悟  縛りやトーマス・山村啓介

映画

『へレディタリー/継承』 PG12

家長である祖母の死をきっかけに、さまざまな恐怖に見舞われる一家を描いたホラー。

祖母エレンが亡くなったグラハム家。過去のある出来事により、母に対して愛憎交じりの感情を持っていた娘のアニーも、夫と2人の子供達とともに淡々と葬儀を執り行った。そして、祖母が亡くなった喪失感を乗り越えようとするグラハム家に奇妙な出来事が頻発・・・!最悪な事態に陥った一家は修復不能なまでに崩壊するが、亡きエレンの遺品が収められた箱に「私を憎まないで」と書かれたメモが挟まれていた・・・!

「シックス・センス」「リトル・ミス・サンシャイン」のトニ・コレットがアニー役を演じるほか、夫役をガブリエル・バーン、息子役をアレックス・ウォルフ、娘役をミリー・シャピロが演じる。監督、脚本は本作で長編監督デビューを果たしたアリ・アスター。
公開中

映画

『ポリス・ストーリー REBORN』

1985年製作「ポリス・ストーリー 香港国際警察」を汲む、ジャッキー・チェン主演作。

2007年の香港。危篤の幼い娘を病院に残し、自分の任務でない証人警護作戦へと駆り出された国際捜査官リン(ジャッキー)は、人工遺伝子に絡む陰謀に巻き込まれ瀕死の重傷に…。
そして13年の時が流れた2020年のシドニー。事件を題材に小説を出版したリンの周囲に、黒ずくめの犯罪組織や謎のハッカーなど、当時の事件に因縁のある人間たちが次々と姿を現す!!!

主演のジャッキー・チェン自身が製作総指揮を担当。台湾から「人魚姫」のショウ・ルオ、欧陽菲菲の姪オーヤン・ナナ、中国から本作がデビューのエリカ・シアホウが参加。「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」のカラン・マルヴェイ、「エイリアン コヴェナント」のテス・ハウブリックなど、国際色豊かなキャストが顔をそろえる。
公開中

演劇

THE ROB CARLTON 16F 「SINGER-SONGWRITERS」
12月13日(木)〜17日(月)HEP HALL

2010年12月、敬愛する「ラグビー」と「ホテル」をコンセプトに誕生。<Funny><Interesting><Emotional><Hospitality>の理念のもと、紳士的な振る舞いと限りなくコメディに近い芝居を日々探求している非秘密集団。
第16回目の本公演の舞台は「隆盛の世、古都」。
後世にその名が残るか、否か。和歌集の編纂と友情と嫉妬と葛藤とをかしさと。
吾と汝の和歌性の違いであるぞ。栄華極めし歌人たちの、雅なる物語。
もちろん今回も「男性出演者のみ」でお届けする「雅なる限りなく喜劇に近い芝居」をお届け。

作・演出:村角太洋
出演:村角ダイチ/満腹満/ボブ・マーサム(以上THE ROB CARLTON)/高阪勝之(男肉de Soleil/kitt)・
   諸岡航平・中川晴樹(ヨーロッパ企画)
会場:HEP HALL
日程:12月13日(木)19:00・14日(金)14:00・19:00・15日(土)&16日(日)13:00・18:00・17日(月)14:00
料金:前売3500円 当日4000円 学生前売2000円 学生当日2500円
詳しくは ロブカールトン で検索

ABCホール

N-Trance Fish 21th Exhibigtion 「賢者たちは踊る」
12月14日(金)〜17日(月)ABCホール 全5回公演

ダンサー・振付師として関西の多くのスタジオや演劇公演で活躍している尾沢奈津子が年に1度上演する本公演N-Trance Fishが今年もABCホールに登場。今作は「様々な賢者たちの論争」を描く。6人の役者が「ある賢者」となり自分の主張を続ける舌戦の最中、その主張をダンサーたちが肉体を駆使して表現する。「役者のコトバとダンサーのコトバ」。さて、彼らは何について「舌戦を繰り広げて」いるのでしょうか・・・

出演:尾沢奈津子・生田朗子・早川丈二(MousePiece-ree)・浅雛拓・オオサワシンヤ・
   maechang(BLACK★TIGHTS)・Sarah(ムーンビームマシン)・ヤザキタケシ 他
日程:12月14日(金)19:00・15日(土)15:00・16日(日)14:00・17日(月)15:00・19:00
   *16日(日)ボーナス公演「愚者たちと踊れ」もアリ
詳しくは ABCホール で検索

ページのトップへ

おはがきのあて先は・・・ 〒530-8004 ABCラジオ 橋詰優子の『劇場に行こう!』係