毎週日曜日よる9時5分〜10時放送 橋詰優子の『劇場に行こう!』橋詰優子の『劇場に行こう!』トップページへ

6月8日の放送内容!

6月10日更新

出演:橋詰優子・中山義紘・星璃  縛りやトーマス・山村啓介
ゲスト:三好大貴(劇団Patch)

映画

『スノー・ロワイヤル』 PG12

息子を殺され復讐を誓う父親が犯罪組織の抗争に巻き込まれる姿を描くノルウェー製クライムドラマ「ファイティング・ダディ 怒りの除雪車」をリーアム・ニーソン主演でリメイク。オリジナル作品を手がけたハンス・ペテル・モランド監督が再びメガホンをとる。

雪深い静かな田舎町キーホー。この町で除雪作業員をするネルズ・コックスマンは模範市民賞を受賞するほど真面目に穏やかな日々を送っていた。しかし、ネルズの1人息子が麻薬の過剰摂取に偽装され、殺されたことから事態は一変。地元の麻薬王バイキングの組織に息子が殺されたと気づくネルズは、素手や銃さらには除雪車で組織の人間を1人また1人殺していく。その復讐に対してバイキングは勘違いし、敵対組織を襲撃。相手も報復に乗り出し、ネルズの復讐劇は2つのマフィア、さらに警察をも巻き込んだ戦いへと突入する!
公開中

映画

『アナと世界の終わり』 PG12

ゾンビが蔓延した町で戦う高校生たちの葛藤と成長をミュージカル形式で描き、世界各地のファンタスティック映画祭で話題を呼んだ青春ゾンビミュージカル。

イギリスの田舎町リトル・ヘブン。幼い頃に母を亡くした高校生のアナは、現在は父トニーと2人暮らし。夢も希望もない町にうんざりの彼女は、父に内緒でオーストラリア旅行を夢見てバイトに励む日々。幼なじみのジョンは、そんな彼女の夢を応援し密かに思いを寄せてる。が、クリスマスイブに旅行の計画がバレて、アナと父は大ゲンカに。翌日いつも通り学校へ向かっていたアナとジョンの前に突如として血まみれの男が現れジョンに襲いかかる。アナは咄嗟にシーソーを使って男を撃退するが、なんと男の正体はゾンビだった。クラスメイト達と合流したアナとジョンは学校に取り残された学生を救出しに向かうが…。
公開中

ABCホール

兵動大樹×桂吉弥 「はい!丸尾不動産です。〜本日、家をシェアします〜」
6月29日(土)〜7月1日(月) ABCホール
ゲスト:三好大貴(劇団Patch)

「おしゃべりの達人」たちが「おしゃべりの応酬」を繰り広げる「しゃべくり喜劇」?!
ナンセンスなのにリアル!バカバカしいのに胸に刺さる!笑って笑ってホロリしてやっぱり笑って楽しめる、ワンシチュエーションコメディ。

”家”を買う時、売る時、借りる時…それは人生の転機。
うだつの上がらない不動産営業マンの菅谷さん(兵動大樹)は、元銀行員の林田さん(桂吉弥)と出会う。林田さんは、とあるシェアハウスに入居したい、と言う。そのシェアハウスは、築浅・駅近・そのうえ賃料も安い!と好条件の物件なのだが、ワケありばかりの住人たちが居ついている問題物件であった。場末のスナックを転々としている自称・ミュージカル女優の亜美(青山郁代)、やたらと他人にマウンティングを仕掛ける・司法浪人生の健治(三好大貴)、そして唯一まともに働いているものの自分の過去を一切明かさない花屋の滉一(宮下雄也)。と、一癖も二癖もありそうな住人たちである。
とにかく!林田さんの契約を取りたい一心の菅谷さんは、その場しのぎの為に小さな”嘘”をつくのだが…その”嘘”をきっかけにワケあり住人たちが抱えていた”トラブル”が次々と発覚する!! 果たして、菅谷さんは無事に”契約”を取れるのか…。

原作:「本日、家を買います。」木村淳
作:古家和尚
演出:木村淳(カンテレ)
出演:兵動大樹・桂吉弥 宮下雄也・青山郁代・三好大貴(劇団Patch)・高岡凛花
日程:6月29日(土)14:00・18:00・30日(日)12:00・16:00・7月1日(月)15:00
会場:ABCホール
料金:6000円
詳しくは ABCホール もしくは カンテレ イベントページ を検索

ページのトップへ

6月1日の放送内容!

6月3日更新

出演:橋詰優子・吉本考志  縛りやトーマス・山村啓介
ゲスト:竹下健人(劇団Patch)
インタビュー:浦井健治

映画

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』

日本が生んだ怪獣王ゴジラをハリウッドが映画化した「GODZILLA ゴジラ」(2014)のシリーズ第2作。前作から5年後の世界を舞台に、モスラ、ラドン、キングギドラらが続々復活する神話時代の怪獣たちとゴジラが、世界の覇権をかけて戦う。また、それによって引き起こされる世界の破滅を阻止しようと、未確認生物特務機関「モナーク」の人々が奮闘する姿を描く。

「X-MEN:アポカリプス」「スーパーマン リターンズ」などで原案や脚本を担当してきたマイケル・ドハティが脚本、自らメガホンもとる。前作から引き続き、芹沢猪四郎博士役を演じた渡辺謙が出演するほか、カイル・チャンドラー、ヴェラ・ファーミガ、サリー・ホーキンス、チャン・ツィイー、大人気ドラマ「ストレンジャー・シングス」のミリー・ボビー・ブラウンらが共演。
公開中

映画

『神と共に 第一章:罪と罰』

韓国の人気ウェブコミックを実写映画化し、世界的ヒットを記録したファンタジーアクション2部作の第1章。

人間は死ぬと49日間に7つの地獄の裁判を受けなければならず、すべてを無罪で通った者だけが現世に生まれ変わることができる。ある日、死を迎えた消防士ジャホンの前に、冥界からの使者で地獄の裁判の弁護と護衛を務めるヘウォンメクとドクチュン、カンニムが現れる。生前の善行が認められ、19年ぶりの貴人として転生を確実視されるジャホンだったが、裁判が進むにつれて地獄鬼や怨霊が出現し、冥界が揺らぎはじめる。

冥界の使者カンニムを「お嬢さん」のハ・ジョンウ、ヘウォンメクを「アシュラ」のチュ・ジフンが演じるほか、共演にも「猟奇的な彼女」のチャ・テヒョン、「新しき世界」のイ・ジョンジェら豪華キャストが集結。「ミスターGO!」のキム・ヨンファ監督がメガホンを取る。
公開中

演劇

「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」
9月20日(金)〜23日(月・祝) Zepp Namba 全5回公演
インタビュー:浦井健治

「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」は1997年よりオフ・ブロードウェイで初上演されロングランを記録し、世界各地で上演。2001年には映画化、2014年にはブロードウェイに進出、トニー賞4部門を受賞するなど大ブームを巻き起こした。
日本公演では2004・05年と三上博史氏主演、2007〜09年山本耕史氏主演、2012年森山未來氏主演など何度も上演をされている今作が、7年ぶりに浦井健治氏を主演で待望の再演が決定!

愛と自由を手に入れるために性転換手術を受けたものの、手術の失敗によって股間に「アングリーインチ(怒りの1インチ=2.54cm)」が残ってしまった、男でもあり女でもあると同時にそのどちらでもないロックシンガー・ヘドウィグ。幾多の出会いと別れを経験し、傷つき倒れそうになりながらも己の存在理由を問い続け、「愛」を叫び求める姿を描く。熱狂的な支持を受ける、傑作ロック・ミュージカル。

出演:ヘドウィグ/浦井健治・イツァーク/アヴちゃん(女王蜂)
日程:9月20日(金)19:00・21日(土)13:00・17:00・22日(日)13:00・23日(月・祝)13:00 全5回公演
会場:Zepp Namba
チケット:8800円*別途1ドリンク代500円 5月26日(日)より発売開始!
詳しくは 朝日放送テレビ イベント情報ページ
お問い合わせは キョードーインフォメーション 0570-200-888(10:00〜18:00)

ページのトップへ

おはがきのあて先は・・・ 〒530-8004 ABCラジオ 橋詰優子の『劇場に行こう!』係