毎週日曜日よる9時5分〜10時放送 橋詰優子の『劇場に行こう!』橋詰優子の『劇場に行こう!』トップページへ

7月27日の放送内容!

7月29日更新

出演:橋詰優子  縛りやトーマス・山村啓介

映画

【縛りやトーマスの「夏休みにお勧めする1960年代の映画」】

『タイム・トラベラーズ』(1964)

大学の施設内の研究所で、スタイナー博士(プレストン・フォスター)らの研究員がタイム・マシンの実験を行う。紆余曲折を得て稼動実験を繰り返すうち、マシンが正常に作動してモニターに100年後の未来が映し出される・・。しかし、自分たちが知っている地球の姿はもはやなく、荒れ果てた荒野が果てしなく続くのみ。装置が偶然に作動しただけのため、研究員たちは急いでその未来のデータを記録することに熱中するが、その場に居合わせたダニー(スティーヴ・フランケン)があることに気づく。それはそのモニターに映し出された映像は3-Dのようで、実際に向こう側に移動できるのだ。ダニーは探索にそのモニターを潜り抜け、ダニーを連れ戻すべく他の研究員たちも後に続く。結局最後まで残っていたキャロル(メリー・アンダース)もモニターを潜り抜けると、研究員たちの前でモニターの元いた場所の映像が突然消え去ってしまった。かくして100年後の未来に取り残された研究員たちに原始的なミュータントたちが襲い掛かる…!

『シャレード』(1963)

スキー旅行先で、富豪の夫チャールズとの離婚を決意したレジーナ・ランパート(ヘップバーン)。旅行からパリの自宅に戻ると、家財道具一切が部屋から持ち出されており、夫の姿も見えない。そこへ、司法警察のグランピエール警部が現れ、チャールズの死を告げる。警部によれば、チャールズは家財道具のすべてを競売にかけ、その落札代金25万ドルを持ってパリ脱出のために列車に乗ったが、何者かに突き落とされたという。警察署で夫の遺品(小さなバッグに手帳、櫛、万年筆、レジーナに宛てた未投函の手紙、偽名のパスポート4通)を受け取り、レジーナは警察署を後にする。レジーナは自宅に戻り途方に暮れていたが、そこにスキー旅行先で知り合ったピーター・ジョシュアが現れ、「夫の事件は新聞で知った。何か協力できることはないか」と申し出る。…やがて明るみになる死んだチャールズの正体。第二次世界大戦中、OSS(CIAの前身)に所属して対ドイツ戦に従事しており25万ドル相当の金塊の輸送任務にあったが、葬儀に現れた3人を含めたメンバーたちで金塊を盗まれたことにして密かに地中に埋め、終戦後に山分けすることにしたが、結局チャールズが独り金塊を掘り返して、持ち去ったという事実だった…!

『血を吸うカメラ』(1960)

マーク・ルイスは映画撮影所のカメラマンを努める一方、ヌード写真の撮影を副業としていた。彼は幼いころのトラウマが原因で、“覗くこと”でしか性的欲求を満たせない歪んだ性的嗜好を具有していた。その嗜好はどんどん加速し、“覗くこと”から“撮る”“見る”“見られる”という快楽追求へと昇華していき、ついには死の間際の表情を撮影することを望むようになった。

演劇

【番組休止の間に上この夏も面白い舞台が目白押しなので一気にご紹介します、スペシャル!】

読売テレビプロデュース 大阪芸術大学presents わたしの星
8月15日(木)〜23日(金) 読売テレビ新社屋10hall

現役高校生で作る舞台 新しい劇場での上演
作演出:柴幸男(ままごと主宰)

KERA CROSS「フローズン・ビーチ」
8月16日(金)〜18日(日)サンケイホールブリーゼ

作:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演:鈴木杏、ブルゾンちえみ、花乃まりあ、シルビア・グラブ

空晴「明日の遠まわり」
8月29日(木)〜9月3日(火)HEP HALL

家族や近しい人のすれ違いや勘違いからおこる日常を描いてきた空晴の新作公演。

狂夏の市場劇場こけら落とし企画第一弾 「にゅういやぁ-アンチクリスト-」
7月26日〜29日・8月2日〜5日

阪神尼崎に「狂夏の市場劇場」がオープン。尼崎三和市場にキャパ40ほどの小規模劇場

MONO特別企画vol.7「涙目コント」
8月9日(金)〜12日(月祝)
THEATRE E9 KYOTO オープニングプログラム

脚本・演出:土田英生
脚本提供:前川知大(イキウメ)、横山拓也(iaku)、平塚直隆(オイスターズ)

こぐれ塾「広島に原爆を落とす日」
8月1日(木)〜4日(日)ABCホール

つかこうへいの衝撃の問題作を、劇団☆新感線のこぐれ修が演出する

ブラボーカンパニープロデュース「大洗にも星はふるなり」
8月2日(金)〜4日(日)道頓堀ZAZA

2009年に福田雄一脚本・演出で映画化もされた代表作、10年ぶりの再再演。

ABCホールプロデュース公演第7弾
ABCHall×THE ROB CARLTON「ジェシカと素敵な大人たち」
10月10日(木)〜14日(月祝)ABCホール

チケット先行発売:7月27日(土) ぴあ・28日(日) イープラス・29日(月) ABCホールWEB 順次開始、
一般発売:8月5日(月) 4000円(全席指定)
ジェシカ10歳の誕生日。彼女は「犬が飼いたい」
ただ、それだけのお話。
この秋一番の「90年代的なアメリカンホームドラマコメディ風に限りなく近い喜劇」を。

ページのトップへ

おはがきのあて先は・・・ 〒530-8004 ABCラジオ 橋詰優子の『劇場に行こう!』係