月曜〜金曜 あさ9:00〜ひる1:20放送

ドキハキ日記

DOKKIRI HAKKIRI DIARY

■「ドキハキ史上最大の作戦 三代澤康司57歳 野球実況に挑戦!」〜中邨 雄二アナウンサー〜2017年06月12日

スペシャルウィーク真っ只中の今週!
ドキハキは
「ドキハキ史上最大の作戦 
三代澤康司57歳 野球実況に挑戦!」
をお送りしています!

本日の先生は・・・中邨雄二アナウンサー!
独特な節を持ち、根強いファンが多い中邨アナに、「実況というもの」を教えて頂きました!



中邨アナ「三代澤さん!普段のラジオを聞いていても、その視野の広さは絶対に実況に向いているんですよ!今日はその感性を揺り動かそうと思って来ました!」

中邨アナ曰く、実況の中で、投手、打者しか見えていないようでは初心者!
どんな空なのか?会場の盛り上がりは?気温は?・・・いかに広い視野で伝える事が出来るかが大切なんだとか・・。
中邨アナ「実況とは・・・見たものをむき出しで喋るのではなくフィルターを通すんです・・・。」
選手の心持ちなどを類推して喋る事が出来るかが大切なんだそうです!



三代澤さん「私は、ピッチャーが投げました・・・とか瞬間に起こった事を言葉にすぐ出せないんですよ。普段は、一回頭で考えますからね。」
中邨アナ「では言葉を減らす練習から
始めて下さい!まずラジオで必要な情報は
『投げました』。これだけなんです!」
三代澤さん「人生で『投げました』なんて言った事ないんですよ〜。」



ここで、実際の野球の映像を観て、
実況に挑戦することに・・・・
三代澤さん「難しな〜」
中邨アナ「それでいいんです!伝えるべき情報は言ってましたよ。
特にセーフ!と自信を持って伝えたのはすごいです!
普通言えないです!お手本入りませんやん!」



中邨アナ「ここからは情報の優先順位が
大切です。打球はどこに飛んだのか?打った
バッターはどこを走っているか?・・・・」
三代澤さん「は〜〜」
中邨アナ「あとは選手の情報を見た目で想像してみると厚みが出ます!」
2番の選手が背が大きい場合、
「背が大きいけれど、小技が上手いだろうか?」と想像する事が大切なんです!

最後にアドバイスを頂きました!
中邨アナ「三代澤節ここに極まれり!という所を魅せて下さい!楽しみにしております!」

明日は・・・三代澤さんが実際に街にくりだします!お楽しみに〜!

ページトップ
これまでのドキハキ日記