おはようパーソナリティ道上洋三です

スタッフ日記

皆が知らない植物の世界

2018年11月01日(木)

今日は、
甲南大学特別客員教授 田中修さんに、
植物の生きる知恵を教えて頂きました。



さっそく、ご紹介していきます!

・お茶は逆境をしたたかに生きる!

田中さん「お茶は、季節に合わせて自分を
変えているんです。
新茶が甘いのは、お茶自身が冬を乗り越える
ために糖分を体内に貯め込むためです。
ところが、甘いままで、夏を迎えると、
虫の餌食になってしまいます。
なので、渋みを持つカテキンを増やします。
この変化があるため、
新茶以外は渋みが増すのです。」



植物は、温度で季節を知るのではなく、
夜の長さを感じ、変化していくといいます。
田中さん「夏至や冬至から、いずれ来る温度の
変化対策をしている植物は賢いですね。」

私達に季節の変化を感じさせてくれる植物達。
彼らから得る知恵は意外に多いようです。

さて、明日のおはパソは・・・・
ゴミ清掃員からみたゴミ問題をご紹介。
皆さんは、ゴミの分別に自信がありますか?
お楽しみに〜!