おはようパーソナリティ道上洋三です

スタッフ日記

日本とロシアの首脳会談どうなった?

2019年01月23日(水)

日本時間22日夜、
安倍総理とロシアのプーチン大統領は
モスクワの大統領府で会談しました。
去年の11月、1956年の日ソ共同宣言を
基礎とした交渉を始めると合意してから
初の首脳会談。
北方領土を返還してもらって、日ロ平和条約を
結ぼうという事なのですが、
北方領土に関しては、
大きな隔たりがあります。

交渉の行方はどうなるのか?
今日は、ロシアに詳しい
京都産業大学外国語学部教授の
河原地英武さんにお話を伺いました。

今回の会談はどういった目的があるのか・・・
河原地さん「今回、日本は2島の返還を
目的とした交渉だったんですが、
ロシアにとっては“返還”という意識は
ないと思われます。
“そこまで言うなら返そう”ぐらいの
考えだと思われます。」

今回の会談、河原地さんの印象では、
経済協力の面では進んだが、
島の返還、平和条約への道のりは遠いという事
だそうです。

また今回、プーチンさんはおよそ50分程、
会談に遅刻したそう。
プーチンさんは遅刻の常習者として
知られていますが、もし今回の会談を大切に
感じていれば遅刻はしないはずです。
そういった点からも今回の会談の進み具合が
伺えます。
日ロの交渉、課題は山積みのようです。


さて、明日のおはパソは・・・
アスリート達の勝負飯を探ります!
お楽しみに!