番組概要

大阪を元気にしていくために!
さらにニッポンの未来をより良い社会にしていくために・・・
”経営者たちが、経営者目線で、経営者の心構え”を対談していく番組です。

年齢も職業もまったく違う起業家たちが集い・・・

経営者たちが見ている「リアルの視点」を取り上げつつ
「大阪、そしてニッポンの未来」を語っていきます。

これは、「経営者の音声バイブル」だ!

出演者

  • ジョー(J.O)

    ジョー(J.O)

    蛍のジョーは、24時間ビジネスのことを考え、
    常に経営者目線でモノを考える紳士な男性。
  • 落水七重

    落水七重

    フリーアナウンサー
    国家資格キャリアコンサルタント

コーナー展開

今週の「ジョー's アイ」
(ゲストを交えて3人喋り)

  • 一流ビジネスマン「ジョー」がゲストを交えて、経営者の生い立ちや心構えを伝えていく。
    言動、持つべき知識、向上心、柔軟性、経験、ビジョン、など。

今週の「ジョーが印象に残ったコトバ」

  • 今週印象に残った「言葉」など、感想やまとめ。

ゲストトーク

2020年1月25日(土)

ゲスト
株式会社カスタムジャパン
代表取締役社長村井基輝氏

「大阪あきんどラジオ!」第4回目のゲストは、先週に引き続き、
株式会社カスタムジャパン
代表取締役社長 村井基輝氏

株式会社カスタムジャパンは、日本全国に向けて、自転車やバイク、自動車などのモーターパーツの販売事業を中心に展開している会社。

前回の放送から、父親の家業を継ぎ、鶴橋部品に入社した村井氏。
会社の印象は、ザ・昭和。定時には帰り、何か新しいことに取り組むわけでもなく、従業員の平均年齢も55歳くらいという環境を目の当たりに…。しかし、そのことがかえって、会社を変えられる良いチャンスととらえた。

自転車やバイクの分野には、大手産業は参入ターゲットにならず、入ってこなかった。そうした変革の少ない産業にこそ、変革をした時にすごいチャンスがあるんじゃないか!と考えた村井氏は、家業を継いで半年後、当時、社長であった父親に新しい事業の話をもちかけた。
その新しい事業とは、ダイレクトマーケティングで全国展開し、自分たちにしか売ることができない部品、つまり自社でOEMの部品を作り販売することだった。
家業を活かして、新たに事業を行う別会社として、株式会社カスタムジャパンを立ち上げた。

村井氏は、家業である自動車、自転車、バイクなどの部品商をカスタムパーツの通販ビジネスとして国内外に展開させたこの体験を「ベンチャー型事業承継」と称し、現在、このビジネスモデルを広めていくことも積極的に行っている。

経営する上で大事にしていることは、人の強みを生かして、組織で弱みを消していくということ。
人はすぐに弱みをみてしまう。愚痴を言うのもときには楽しい。
でも強みをみていくと、人のすごさしかない!という。

会社を経営して15年。
バイクだけ、家業だけなら、飽きていたかもしれないが、シェアリングエコノミーの時代、新しい乗り物を作れる時代になった。

バイク、自転車、車いす、自分たちもメーカになれるチャンスがきた。
これから、より多様性のある新しい乗り物を作っていけると思ったらとてもワクワクしています!と目を輝かせながら語った。

番組へのお便り

E-mailの宛先…

メールフォーム
  • radiko.jp
  • ABCラジオ公式Youtubeチャンネルで過去の放送を配信中!

© ABC Radio All rights reserved.