記事一覧へ

音楽ユニット『ヒトサライ』登場!

2017/01/24(火)

 

本日は、音楽ユニット「ヒトサライ」から

椎名純平さん、いまみちともたかさん、平山牧伸さんに

お越しいただきました。

 

CIMG3697

 

椎名純平さんは2000年からソロ活動。

ソウルフルな歌声は唯一無二な存在として活躍されています。

いまみちさんは元バービーボーイズのギタリストで

ソングライターもされていました。

平山牧伸さんは男闘呼組のサポートドラマーなどで活躍されています。

 

本日は、そんな3人がユニットを組む事になったきっかけを伺いました。

いまみちさん、平山さん、もう一人のメンバー岡さんは

元々、セッションを組む事もある程、仲の良い関係でした。

そこから、椎名さん加入にはとあるエピソードが・・・

ある日、ライブで椎名さんと出会ったいまみちさん、

そこでの椎名さんの演奏に一聴き惚れ。

すぐにメンバーに勧誘したんだそうです。

椎名さん「最初は社交辞令かと思っていました。

でも、その後すぐにいまみちさんから曲が送られてきて、ビビリました。

すぐに、歌とアレンジを付けて送り返しましたよ。」

 

顔合わせで初めて椎名さんの歌声を聴いた平山さんは・・・

平山さん「純平の声を聴いたときに、

ドラム叩きたいなと感じたのは今でも覚えています。」

 

それぞれの才能がつながりあって結成されたヒトサライ。

現在までに2枚のCDを出されています。

1枚目の作品が「ディレクターズ カット」、

2枚目の作品が「嘘のようなマジな話」。

 

いまみちさん「1枚目はやってやるぞ!という気持ちで、

2枚目は大人の冷静さをテーマに作りました。

なので、2枚合わせると

現在のヒトサライになるんじゃないかなと思います。」

 

「3枚目は作られているんですか?」という質問には・・・・

いまみちさん「揃わない時間に愛を育むんだよ!

だから今は、3枚目に向けて愛を育んでいる所です。」

ヒトサライはそれぞれが忙しく、中々揃わないメンバーばかり。

ですが、いまみちさんは次会う時に、

メンバーを驚かせてやろうと思うそうで、

会わない時間にこそ音楽制作が捗るんだそうです。

 

 

ヒトサライが織り成す音楽、手にとってお楽しみ下さい!

一聴き惚れ間違いなしです。

新着記事一覧