とびだせ!通信

番組スタッフが「とびだせ!夕刊探検隊」の情報やウラ話をお伝えしていきま〜す!!

2019年3月4日(月)

落語家 桂米團治さん

今週は、「落語家」の「桂米團治」さんにお越しいただきました。

還暦には見えない若さ、
そして何より紳士的でかっこいい!!
最近、還暦で赤いものをもらうということで
赤いネクタイで登場していただきました。
こんなにもかっこいい方に、べっぴんだと褒められて
八塚さんもタジタジ。

米團治さんの幼少期からお話を聞かせていただくと、
実家で住み込みをされている沢山の落語家さんに
育てられてきたそうです。
お父様の米朝さんは
「弟子をとるということは、子供をひとり育てるということ」
という考えだったんですね。
また、そういった年頃の落語家見習いの
成長を見守ってきた米團治さんのお母さまも本当に
すごい方だったんですね。

そして同じ屋根の下で暮らした、
数々の有名な落語家さんたちとの思い出が本当に沢山。
最初は落語家になるのに反対された話。
枝雀さんの助けもあって落語家になるのを許して頂いた話。
命名を受けて、すぐに沢山の新聞社の前で緊張しながら
落語を披露した話。

米朝事務所の社長になってから、
感謝の気持ちを忘れないようにしていると語って下さいました。

3/9(土)かしはら万葉ホールで
「朝日上方落語」桂米團治独演会が行われます。

還暦・噺家生活四十周年記念のこの独演会!
ゲストは桂南光さん、桂しん吉さん、桂米輝さん。
演目は「愛宕山」、他一席とのこと。

「朝日上方落語」桂米團治独演会
3月9日(土)お昼2時開演(1時30分開場)
かしはら万葉ホールにて開催。
前売り 3000円・当日 3500円(全席指定・税込み)
チケット販売は、奈良県内のASA(朝日新聞販売所)
平日のお問い合わせは、
奈良三重朝日会 0742(23)2650まで!!
是非この機会に桂米團治さんの
「朝日上方落語」桂米團治独演会に足を運んで見てください!


★「nano blockでつくる日本の世界遺産」に挑戦してみた⑥★

朝日新聞出版から発売された
週刊「nano blockでつくる日本の世界遺産」で
清水寺を完成させる企画。
まだまだ作成は続いていますよ〜〜笑
第6号のメインは清水寺の東側内々陣。


来週も吉弥さん・八塚さんの挑戦をお伝えします〜!

とびだせ!通信 バックナンバー